読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒラタイの人工知能ブログ

AIメディアクリエイターのヒラタイが人工知能を使ってつくっているメディアのうちの1つ。フィクションです。

思いやりの次くらいに大切だと思うこと

思いやりが大切だというのは一般的な認識だと思います。


思いやりのない人と思いやりのある人がいたら、思いやりのある人と時間を過ごした方が快適ですよね。


先日ふと感じたのは、思いやりのある人の中でも、一緒に過ごしていてより快適な人には特徴があるということです。


それは一言でまとめると「他者を尊重しているかどうか」ということができると思います。


この人は「他者を尊重している」と感じるポイントは


・本題を話す前に背景の共有ができているかを確認する

・話の前提が共有されていない場合に共有してから話をする

・「誰が話したか」より「何を話したか」を大切にする

・常に自分が間違っている可能性を頭に置きながら話をしている

・自分と異なる意見に興味を持つ

・行動や発言に至った経緯を推測する

・多様な価値観を許容する

・短所の多い人の中にも長所を見出す

・人間は失敗することのある存在だと考えている

・失敗をした人に機会を与える

・間違っている発言を訂正してあげようと思う

・幸せの感じ方は人それぞれだと考えている

・人の幸せを感じると自分も幸せだと感じる

・意見交換のために時間を使う

・他者は自分に気づきを与えてくれる存在だと感じている


逆に書くと「他者を尊重していない」と感じるポイントになります。


・背景が共有できているか確認せずに本題を話し始める

・話の前提が共有されていないことに気づかない

・「何を話したか」より「誰が話したか」を優先する

・自分が話すことは正しいと思っている

・自分と異なる意見を認めない

・経緯を無視して行動や発言のみで判断する

・自分の価値観が優れていると思っている

・短所の多い人を認めない

・失敗をしないのが人間だと考えている

・失敗をした人には機会を与えない

・間違っている発言をした人を罰しようと思う

・幸せになる方法は決まっていると考えている

・人の幸せを感じると妬んでしまう

・意見を交換しない

・他者は自分が気づきを与える対象だと感じている


自分の周りには前者のような人が多いのですが、たまに人から後者のような雰囲気を感じることがあり、また自分も後者のように振舞ってしまったり後者のような印象を与えてしまったりする可能性が無いわけでもない気がしたので、確認の意味も含めてまとめました。


上記の特徴を読み返して感じたのは、自分は他者にある程度寛容であるのだろうということと、その分他者にも一定の寛容さを求めているのだろうなということです。

 

「他者への尊重」について書いているつもりでしたが、もしかしたら私が丁寧なコミュニケーションを求めているだけなのかもしれません。


それが良いことをもたらすときも、そうでないときもあるのだろうと思います。


何かご意見やご感想などがありましたらお聞かせいただけますと幸いです。

海外の人工知能アートまとめ

人工知能技術を使って制作された海外のアートを分野別に紹介します。
 
分類方法は英語版Wikipedia「The arts」を参考にしました。
 
 
以下、一覧です。
 

Visual Arts(視覚芸術)

 
Drawing(線描)
Painting(絵画)
Ceramics(陶芸)
Photography(写真)
Architecture(建築)
Sculpture(彫刻)


Literary Art, Literature(文芸)

 

Performing Arts(舞台芸術

Music(音楽)

Theatre(演劇)

Dance(ダンス)
 
 
それでは一つ一つ見ていきましょう。
 
 
Drawing(線描):
 
Drawing Apprentice

www.youtube.com

人間が描いた線に反応して、コンピュータが線を描きます。
 
 
Painting(絵画):
Interactive Robotic Painting Machine
絵を描きながら周囲の音を聞き、それに反応して描く内容が変わります。
音が聞こえない場合、多くのアーティストと同様に、自分自身の内なる声を聞くそうです。
 
 
Ceramics(陶芸):
適当なものを見つけられませんでした。
 
 
Photography(写真):
撮影 - Jibo

www.youtube.com

 「ジーボ、写真を撮って!」というと写真を撮ってくれます。

 

加工 - Ostagram

www.boredpanda.com

特定の絵画を人工知能に学習させると、写真をその絵画風に加工してくれます。

 

Architecture(建築):
論文などは見つかりましたが、紹介するにふさわしいと思える作品は見当たりませんでした。
ご存じの方は教えていただけますと幸いです。
 
Sculpture(彫刻):
creative object generation
 人工知能によってデザインされ、3Dプリンターによって生成された彫刻です。
 
 

Literary Art, Literature(文芸)

人工知能は「詩人」になれるのか──グーグルの試み|WIRED.jp

国内でも人工知能を用いて小説を書くプロジェクトがあります。
人工知能分野でトップクラスの技術を持つと言われているGoogle人工知能に詩を書かせた結果がこちらです。
 

Music(音楽)

Listen to the first machine-made song from Google's Project Magenta 

Google機械学習人工知能)アート・プロジェクト agentaがはじめて作曲した作品です。

 

Theatre(演劇)
研究などは見つかりましたが、紹介するにふさわしいと思える作品は見当たりませんでした。

http://org.noemalab.eu/sections/ideas/ideas_articles/pdf/pizzo_intro_drama_ai.pdf

ご存じの方はお知らせいただけますと幸いです。 
 
Dance(ダンス)

www.youtube.com

人工知能が人間のダンスに合わせて踊ります。

画面上で一緒にダンスができます。


以上です。


「他にもこんなのがあるよ!」

という方はツイッターなどで教えていただけますと嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

経験、ビジョン、どこでも生きていける理由

経験:
 
・小中学生のころ新聞やテレビ、インターネットで
 
「リーダー不足の日本」「技術で勝ってビジネスで負ける日本」「英語ができない日本」
 
という報道を目にする。
 
リーダーを務めること、ビジネスで日本を勝たせること、英語をできるようにすることに関心を抱く。
 
・大学1年生のとき、ベンチャーで海外市場調査と新規事業企画のインターン(3ヶ月間)を経験。
 
外市場調査ではシンガポール市場の責任者となり、レポートを執筆、経営陣と社員に対してプレゼン。
経営陣がシンガポールに子会社設立を決定し、実行。
 
新規事業企画では、当時存在していなかった「WEAR」のようなアプリなど、多数の企画をするも開発と公開は実現しなかった。
 
・その後、大学2年生のとき、起業しようとしてチームを組む。
 
インターネットで創業期を支援するVCを探し、アポを取り、プレゼンして回る。
有名投資家主催の勉強会に毎週ご招待していただく。
登記、資金調達は行わなかった。行えなかった。
 
・ビジネスコンテストで好成績を収め、渡航費/宿泊費無料でシリコンバレーに行く。
 
日米のレベル差を体感。
同行した日本人大学生は、今や各分野で活躍。
彼らの優秀さだけでなく、人間としての幅、人生の楽しみ方に感化される。
 
・アメリカのサンフランシスコ/シリコンバレーから帰国した後、1週間日本に滞在し、中国の上海へ留学。
マーケティングを中心とする経営学パターン認識機械学習人工知能)を中心とするコンピュータサイエンスを学ぶ。
 
・マーケティングの授業はMBAスタイルのケーススタディ
 
中国で競争している外資系企業と中華系企業を比較。
題材になった約30社中、日系ブランドはユニクロと無印のみという少なさを残念に思う。
スマートフォン産業におけるソニー自動車産業におけるトヨタが扱われなかった。
 
パターン認識機械学習の授業では事例と理論を学ぶ。
 
コンピュータサイエンス専攻の学生の中でも優秀な学生たちを肌感覚で知る。
ベイズの定理を思い出す。
試験では英語で数学の証明をすることが求められ苦戦する。
 
・中国の上海から帰国した後は、就職活動やアルバイトなど、マーケット感覚を身につけることに注力。
 
・WasedaStartup
 
・East Venturesでのアルバイト(業務委託)
 
リサーチ、ネットワーキング、オフィス管理が主な業務。
学生時代に経験した仕事の中で、最高の環境だった。
 
ビジョン:
 
知り合いと、知り合いの知り合いを幸せにする。
 
日本人の幸福度を高める。
 
日本を元気にする。
 
日本の国際競争力を高める。
 
既存の日系企業を再生する。
 
 
 
ソニー並みの企業を次々と生み出す。
 
 
 
自分が富と名声を得ることを要視せず、挑戦する人を応援する。
 
日本のソフトウェア領域をアジアで1番にする。
 
日本の良さ(文化、技術、モノづくり)を有効活用する。
 
 
 
日本人として世界に誇れるブランドを増やす。
 
 
 
どこでも生きていける理由:
 
英会話サークルの追いコンで寄せ書きの色紙をもらった。
 
 
4年生の4月は就職活動の時期だったので、同期約20人中、活動に顔を出したていたのは5人もいなかった。
 
自分は毎週2回の活動も新歓も、できるだけ参加していた。
 
「人と打ち解けるのが苦手」だという1年生と新歓パーティで出会った。
 
LINEを交換して、サークルの説明や、入会の手続きの案内、先輩の紹介などをした。
 
彼女とは特別仲が良くなったわけではない。
 
それでも卒業するときに、このメッセージをもらって、とても、とても嬉しかった。
 
だから、どこでも生きていける。
 
「英会話が帰国子女並みにできること」や「ウェブサイト、Androidアプリ開発を学習した経験があること」も生きていける理由ではある。
 
だが、そんなことよりも、人間性で評価してもらいたいし、人間性で評価されるような人間になりたい。
 
人間性を高める。
 
今まで、お世話になった多くの方々、コミュニティ、そして日本という国に、少しでも恩返しをする。
 
少しできたら、続ける。
 
続けられたら、大きくする。
 
自分と同じような問題を経験する人を減らす。
 
人から何でも気軽に相談してもらって、納得感のあるアドバイスをできるようになる。
 
Stay Hungry
 
 

Waseda Vision 150 Student Competition(第4回)

審査員特別賞をいただきました。
まずは、運営関係者の皆様、これまで応援してくださった皆様、そして何よりご批判してくださった皆様に、心から感謝の気持ちをお伝えしたいです。
本当にありがとうございました。

本来であればお一人ずつ直接メッセージをお伝えすべきところ、とても多くの方に関わっていただいたので、こちらにて、まとめてのご挨拶、失礼いたします。

https://www.instagram.com/p/BC7gSJ0xi1v/

#WasedaStartup #WasedaVision150StudentCompetition #Waseda 

懇親会にて僭越ながら3点(シンギュラリティ、WasedaStartupLabの実現可能性、アイディアの価値)についてお話をさせていただきました。
 
この記事では、その3点のうち、最後の1点にについて書きます。
 
「アイディア自体に価値はない。実行にこそ価値がある。」
 
というお話です。
 
これは私が大学2年生で起業しようとしていた際に先輩起業家から教わった言葉です。
 
その後も様々な方々から同様のお話を伺いました。
 
なぜこの話を私が懇親会にてしたのか。
それには3つの理由があります。
 
  1. より多くのアイディアを実現させるため
 
運営関係者の方々は
「賞の有無や種類に関わらず、全ての提案を大学改革の参考にする」
という旨のメッセージを複数回伝えてくださりました。
 
ただし、アイディアはアイディアのままだと価値がありません。実行されてこそ価値があるのです。
 

  1. 自分たち(WasedaStartup)のアイディアを実現させるため
 
1点目と重なっているのは承知です。
 
「2次予選のプレゼンを見たときに絶対優勝すると思っていました。」
「1番インパクトのあるプレゼンでした。」
インターンを一緒に取り組みたい。」
 
これらは審査員の方々や、他の出場者の方から頂いたお言葉です。
 
先ほど「より多くのアイディアを実現させたい」という話を書きましたが、やはり自分たちのアイディアは高い優先度で実現させたいです。
 
大学職員の方々は限られた時間の中でお仕事をされていることでしょう。
大学の予算も限られているでしょう。
社会人の方々は、緊急度と重要度の二つの指標で、全ての仕事を4種類に分け、
 
・緊急度も重要度も高いもの
・緊急度は高いが重要度は低いもの
・緊急度は低いが重要度は高いもの(ここに時間とお金を割くことが大切)
・緊急度も重要度も低いもの
 
というようにお仕事を分類することがあると以前インターン先で習いました。
 
私たちの提案は緊急度も重要度も高いものだと考えております。
 
ただし、それを十分に他の方々にお伝えすることができたかというと、自信は持てないです。
 
 
「いつやるか、今でしょ」
 
というフレーズが流行ったのは少し前ですが、今まさにそんな気持ちです。
 

  1. 他のチームに敬意を表するため
 
このようなコンペティションでは
 
「内容×伝わり方」
 
で順位が決まると思います。
 
そして、その内容の評価の仕方は
 
「実現したときの効果×実現可能性」
 
で決まると考えます。
 
「アイディア自体に価値はない」という話を冒頭で書きましたが、私たちはアイディアで勝負をしていました。
その点はWaseda Vision 150 Student Competitionも、他の政策コンペ、ビジネスコンテストも同様だと思います。
 
今回、上位に入賞したチームは
「『実現可能性』(しかも低コストで)が高かった。」
というお話が鎌田総長の講評でもありました。
 
全てのチームが、
「実現したときの効果×実現可能性」
のバランスを考えたと思います。
 
これら両方を高め、それを効果的に伝えることのできたチームが最終的に上位であったということでしょう。
 
全てのチームは約半年前から準備を進めてきました。
その順位に関わらず、みんな言わば戦友のような感覚です。
 
だからこそ、ただ
「お疲れさま」
と言うのではなく、
 
敢えて
「アイディア自体に価値はない。実行にこそ価値がある。」
と言いました。敬意を込めて。
 
このコンペティションに参加して決勝に残ったチームの中に、
「ただ図書カードがほしかっただけ」
というチームは存在しないと思います。
 
全てのチームが
「大学を良くしたい」
という思いを持っていたと思います。
 
だからこそ、私は昨日で全てを終わりにはしたくありません。
個人的にも、WasedaStartupとしても、他のチームに対しても、このような思いを抱いております。

今回出場した全チームが、昨日の決勝大会にてその活動を止めることなく、今後も提案を磨き上げ続け、アイディアを大学が実行に移せるレベルに高め、大学をより良い場所にするために今後も活動を続けていただけると、とても嬉しいです。

「どのチームが1番早く提案を実現させるか競争だ」
と懇親会で他のチームの方がおっしゃっていたのが、とても好感的でした。

WasedaStartupは引き続き精力的に活動を続けます。

今後ともよろしくお願いいたします。

WasedaStartupの5W1Hとスライド

なぜWasedaStartupは活動しているのか:
 
「早稲田から日本のスタートアップシーンを活性化させる」
というビジョンを実現させるためです。
ビジョンは私が考えました。
 
 
どうやってWasedaStartupは活動しているか:
facebookのグループメッセージが中心です。
約70名が参加しているグループが1つ、代表・副代表の合計3人が使っているものが1つあります。
(ご参加をご希望される学生の方はご連絡ください。この記事の最後に連絡先があります。早稲田大学以外の方も既に多数参加済みです。)
 
 
 
何をWasedaStartupはやっているのか:
 
1. イベントの開催(先輩起業家や経営者と起業に興味のある学生のランチ会など。)
2. オンラインコミュニティの運営(facebookのグループチャットがあり、スタートアップ関係のイベント・インターン情報の共有や、新しいビジネスについての意見交換などが行われています。)
3. 大学への提言(いま、最も注力している企画です。)
 
 
誰がWasedaStartupをやっているのか:
私(代表)と
 
彼女(副代表)と
 
彼(副代表)が中心です。
 
プロジェクトごとにお手伝いいただいた方々もいらっしゃいます。
 
 
いつWasedaStartupは活動しているのか:
 
昨年の10月から活動を始めました。
空き時間を中心に活動してきました。
私は毎日最低60分を使っていました。
 
 
どこでWasedaStartupは活動しているのか:
東京、早稲田が中心です。
1週間前、代表はドイツのベルリンに、副代表の1人はアメリカのサンフランシスコ(シリコンバレー)に、もう1人は東京にいました。
 
以下、大学への提言プレゼン資料です。内容は私が、デザインは山崎が中心に行いました。
(最後に連絡先もあります。需要がどの程度あるかは不明ですが私のLINE QRコードもあります。)

3年目の東京塩麹がリフォーム

昨日、東京塩麹というミニマルミュージック楽団の第3回単独公演 “リフォーム”に行ってきました。

 
CM(かっこいい…):
 
公演情報:

f:id:hirataiga:20160313231606j:plain

 
東京塩麹は2年間でどう進化したか:
 
・楽曲
親しみやすさ、クオリティと演奏者にとっての難易度が高まった。
踊りやすくなった。
 
・演奏者
主催者(ぬかたまさし)の高校の友人だらけから、音大の卒業生や現役の芸大生など、一流の若手ミュージシャンだらけになった。
 
・演出
第1回単独公演ではピアニストとぬかたまさしがアドリブで話した。
今回はしっかりとつくりこまれていた。
(バンドメンバーのうち1人が2回、もう1人が1回「けっこん」について告白した。)
 
・会場
北沢タウンホールから、代官山 晴れたら空に豆まいて、六本木 SuperDeluxeになった。
 
ヒラタイの感想:
一昨年、昨年に続き東京塩麹の単独公演に行きました。
 
東京塩麹の何が好きなのかというと、バランスとアウフヘーベン止揚)です。
 
・予測可能性と不可能性
・親和性と芸術性
・一時性と継続性
 
この辺りのバランスを程よく保ちながら、1つ上のレベルに昇華させる。
 
そんなところが気に入ってます。
 
少し難しい言葉を使いましたが、1度聞いていただければ、その良さがわかると思います。
 
第1回単独公演は内輪感が否めませんでしたが、今回はもう完全にプロだと思いました。
(第1回ももちろん素晴らしい内容でした。)
今までは公演にミュージシャンの知り合いしか誘っていませんでしたが、今後は色々な人を誘います。
 
「今、注目しているバンドは?」
と聞かれれば、迷わず
「東京塩麹。」
と答えます。
 
東京塩麹Facebookページはこちら
 
ぬかたまさしのTwitterはこちら
 
 

石若駿とパリで10年ぶりに再会

パリ日本文化会館で行われたTerumasa Hino Special Quintetにご招待していただき、石若駿と10年ぶりに再会した。



f:id:hirataiga:20160305200658j:image

石若駿プロフィール:
1992年 北海道清里町生まれ。札幌市出身。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。
2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、Herbie Hancock(p)氏、日野皓正(tp)氏、タイガー大越(tp)氏に出会い多大な影響を受ける。
2004年、日野皓正quintet Live(六本木アルフィ) にゲスト出演。
2006年8月、日豪交流派遣事業によりシドニー「オペラハウス」にて演奏。12月、日野皓正special quintetのメンバーとして札幌にてライヴを行う。2007年金澤英明(b)氏、石井彰(p)氏とトリオを結成し、ツアーを行う。三笠宮寛仁親王主催の「愛のコンサート」に 出演し日野皓正(tp)氏、渡辺香津美(g)氏、山下洋輔(p)氏らと共演。
2008年3月、ボストンバークリー音楽院タイアップの「グルーヴ・キャンプ 」を受講し「バークリーアワード」を受賞。
2009年 夏、奨学生としてバークリー音楽院に留学。10月、横浜ジャズプロムナードコンペティションにて、Takeshi Ohbayashi Trioとして数々の賞を受賞。
2011年5月、「BLUE NOTE TOKYO Special Session supported by 大黒摩季」に出演。
2012年4~7月フジテレビ 放送 アニメ『坂道のアポロン』 の川渕千太郎役ドラム演奏、モーションを担当。11月、吉松隆作曲「サイバーバード協奏曲」を準ソリストとして東京ニューシティー管弦楽団と共演。
2013年4月、ミニアルバム『石若駿Trio The Boomers ~Live At The Body & Soul~』をタワーレコード限定でリリース。リズム&ドラムマガジン 6月号 ”次世代”Jazz Drummer特集に取り上げられる。8月、小澤征爾 総監督による、サイトウキネンフェスティバル 大西順子講師による「サイトウ・キネン・ジャズ勉強会」にサポートミュージシャンとして参加。
2014年2月東京藝術大学打楽器専攻生による有志演奏会のインスペクターを務めIannis Xenakis「Persephassa」を演奏。5月、日野皓正special quintetの北海道ツアーに参加。9月初頭、森山威男(ds)氏を東京藝術大学に46年ぶりに招き、藝祭にてDrum duoを実現させる。9月下旬、Taylor McFerrinの単独来日公演のドラマーに抜擢され好評を博した。11月、東京藝術大学モーニングコンサートにて日本人初演ソリストとして、打楽器協奏曲「Frozen in Time」を藝大フィルハーモニアと共演。
2015年3月、J-WAVE V.I.Pにゲスト出演。
これまでにクラシックパーカッションを大垣内英伸,杉山智恵子,藤本隆文の各氏に師事。
クラシック、現代音楽、新曲初演も行っている。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校 打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。


日本で一番注目されている若手ジャズドラマーだ。
彼と会うのは中学生のとき横浜で共演して以来だった。

そのことを話したら覚えていてくれた。

共通の友人も多かったので、
「写真撮ってあいつに送ろう」
と彼は言って、セルフィーをした。

演奏は素晴らしかったの一言に尽きる。
思い出の曲をパリで2夜連続で聴くことができた。

ふと彼の何がそんなにすごいのかを考えた。

表現の多様性ではないだろうか?

ときに優しくなでるように、ときに感情を爆発させるように演奏する。

よく考えたら日野さんと同じだ。

日野さんは、ときにささやくように、ときに叫ぶように演奏する。
泣いたり笑ったりしているのが伝わる。

同世代の石若駿は、そんな日野さんのバンドメンバーとしてパリで演奏していた。

日野さんに渡した手紙にも書いたが、自分も世界で活躍できるようになると心に決めた。

2日間のコンサートが終わり、3日目にマネージャーの方からバンドメンバーとの夕食にお招きいただいた。

人生で初めてフォアグラを食べた。

コンサートで隣の席にいたフランス人映像作家にも話したが、人生で最高の夜の1つになった。

日野さんとの別れ際、最後の言葉は
「今度吹きに来いよ!」
だった。


最近あまり練習できていないが、音楽は一生続ける。